アラサー(30代)、はじめての1人暮らし。

30代にもなって初の一人暮らしをはじめたヘタレの経験談と、生活の記録。仕事や節約美容なども。

【ブラック仕事?】「低賃金でもカネもらってる以上はプロの仕事やれ」について考える

スポンサーリンク

新しい仕事で色々疑問や考えさせられることがたくさんわいてきてます、、、
あまり生産性のないことは言いたくないですし、極論「じゃ転職すりゃいいじゃん」になるので、、、

できるだけ冷静に、何が問題なのかということを考えてみたいです
もし今後自分が誰かを雇う立場に立ったとき、どうすればいいのかなんてことにも役立つかもしれないですしね
あと雇用主さんにも、雇われる側の感情みたいなのを知ってほしい

 

そもそも底辺のブログ主がいきなりこんなことを言い始めたわけ

フリーランス自体、もともと「リテイクにまったく対価が払われず、発注主のあやふやな感覚で無限にリテイクさせられる(むろん無報酬で)」という地獄を経験してうんざりした

現在では、
・「本採用するかどうかわからないから」と軽く脅されるバイトの身+先輩いない(教えてもらえない)+必要とされるスキル知識が多すぎて求人要項が軽く詐欺に感じられるレベル+大手物流倉庫で働いていた方が収入多いレベル、、、にも関わらず、
「カネもらってる以上はプロだから」とプロ意識やプロクオリティを求められる状態

 

「カネもらってる以上はプロ」→わかる

これはわりと多くの方が賛同するのではないでしょうか
カネもらってる以上はプロ、というのはブログ主もよくわかります
ただこれだけだとざっくりしすぎているので、もうちょっと深掘りしていくと、、、

「(低い対価でも)カネもらってる以上はプロの仕事をやるべき」→?

money

問題はここだと思っています
これはもうちょっと突き詰めると「プロの仕事に対してちょっとしたカネ払えないけど、プロなんだからプロの仕事してね」ということだと思うんですよね


独断になりますが、これに対して不満を抱きつつも我慢してプロの仕事をする、、、というのは実に「日本人らしいプロ」だと思っています
頼まれた以上はなんだかんだやっちゃうってやつですね

 

なんだかんだいいつつもプロの仕事をきっちりやる
マジでかっこいいですし感謝されますしリスペクトされて当然です

 

でもこれ、昨今よく言われているように「プロの仕事の対価を低くしてしまう」可能性があり、「発注主にとってたいへん都合の良い状態」なんですよね
発注主からすれば、安くプロの仕事が得られるわけなんで

 

高いスキルや立派なプロ意識を、悪い発注主に都合良く利用される可能性のほうが高いわけです
日本人ってとくに、賃金に対して不満を抱いてもあんまり上に直訴したりしないタイプが多いのかなと

 

安くても、長期的に見て「確実に」今後にいい影響がでるなら別

Money Graph

例外として、そのときだけは安い対価で引き受けても発注者が必ずそのあとにでかいリターンをもたらしてくれるとか、今後の高単価に繋がっていくとかなら別です
長期的に見てプラスになる可能性が高いなら、ってとこですね


でもそれとなく「名前を売ることができる」とか「発注先にいい印象をもってもらえそうだから」みたいな不確定だったりあいまいな「願望」は、あくまで願望に終わってしまうので結果として搾取に繋がる可能性も高いと思います

 

ブログ主のバイト先では、↑にも書いたようなアヤシイ点がいくつもあるにもかかわらず「カネもらってる以上はプロの仕事やって」とかよく言われます


・・・いやいや、詐欺みたいな募集で人釣っといて、まったく育てる気もなく、練習用と称してやらせたものがいつの間にかガチの商品にさせられたりしてみんなびびってるのに「プロ意識」ってどういうこと??

 

同期の真面目な人は、「カネもらってる以上は文句言えない」といいますが、これって「時間単価」の考えが抜け落ちてますし、、、極端な話、「時給500円とかでもプロの仕事求められたらやるの?」と思ってしまうんですよね

 

客からすればそりゃプロがやってると思うでしょうが、その「信頼」とか「期待」って誰が背負うもの?ってな感じで
なんでそれを、詐欺みたいな募集と無茶ぶりされてる低賃金バイトが背負わないといけないのかと

 

最低限の仕事のモラルは別として、低賃金の未経験バイトにプロクオリティを求めるのってちょっと違うんじゃないかと思うわけです
むしろ未経験オッケーのレジ打ちとして応募したはずが、レジ打ち時給のまま即戦力の店長みたいな役割を求められてるバイトに、「客への奉仕」みたいなこと求められてもそりゃ無理だよねって話で

 

雇用主からしたらそりゃできるだけ安くプロの仕事してほしいよねってわけで

PharrOut office

穿った見方をすると、雇用主からすれば「信頼」とか「期待」って言葉を使ってバイトをふるいたたせたいわけですね
それでふるいたってくれれば、安くいいものが仕上がってくるかもしれないわけで

実際、真面目な人は「雇用主のために」とか「カネもらってる以上はプロだから・・・」とかいって自由時間全部潰して仕事やってるんですよね
それってほとんどサービス残業だよなと
ブログ主はそこまで真面目じゃないんで、「雇用主にめちゃくちゃ都合のいい人だな」なんて思ってしまいますが

 

低い時給で雇うのでも、最低限の教育してくれるんなら別にいい

一応、雇う側からしたら「育てるなんてカネも時間もかかりすぎてロスが大きい」ってのはわかるんですよ
こんな状況なんで、悠長に育ててる暇なんてない、、、ってわけで
でも雇われる側からしたら、低い時給で無茶ぶりされても得られるものがあるからこそ耐えられるって感じなんですよね


そもそも育てる余裕なんてないのであれば、募集要項に「即戦力人材」「経験者のみ」って書いておくべきだと思うんです
未経験者だから低い時給で雇えたのに、その低い時給で即戦力級の成果を求めるというのはいくらなんでも都合がよすぎですね、、、

 

、、、とまぁ、「安い対価でもプロクオリティ」は発注者側しか得しないと思います
ビジネスの基本はwin-winのはずですよね、、、

ここまで書きましたが、後日、やはりブログ主のバイト先はブラックだということがわかる出来事がありました
それについてはまた別の記事に書きます

 

ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)

ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)