アラサー(30代)、はじめての1人暮らし。

30代にもなって初の一人暮らしをはじめたヘタレの経験談と、生活の記録。仕事や節約美容なども。

楽天銀行の手数料は実は安くないという話。SBI銀行との比較と、デビットカードの比較

スポンサーリンク

ブログ主、今年に入ってからSBIデビットカード(ミライノデビット)作りました

www.netbk.co.jp

ミライノデビットってなんかちょっと変わった名前ですよねw

 

キャッシュレス還元事業にあわせて楽天のデビットを既に持ってました

楽天デビットは楽天ペイにも登録できますし、ポイント還元率もなかなか優秀なので愛用してたんですが、、、

ちょっと使い分けをしてみたいというのもあってSBIのミライノデビットも作ってみたんです

で、実際にどっちも使ってみたんで楽天デビットとSBIミライノデビットの違い、楽天銀行とSBI銀行なんかも書いていきます

楽天とSBIってよく聞くけど、デビットや銀行ってどう違うの?という方は参考にしてくださると嬉しいです

 

 

楽天デビットとSBIミライノデビットの違い

まず一番気になる還元率

楽天デビット→1%

SBIデビット→0.8%(MasterCard)、0.6%(VISA)

、、、ここはまぁ、楽天が安定の勝利ですw
SBIはなぜかMasterCardとVISAで還元率違うんですよね

どちらも、デビットカード(即引き落とし)という性質から、それぞれ楽天銀行とSBI銀行に紐付いています

流行のQR決済との連携で考えてみると、、、

QR決済アプリはクレカを登録して使うものが多いと思うのですが、楽天デビットだと「楽天ペイ」に登録して使うことができます
なので楽天ペイを使うとデビット経由で楽天銀行から即引き落としなんてこともできたり、、、

しかしSBIデビットだとなかなか難しいようです
そもそもデビットカード自体があまりQRの引き落とし先に登録できないみたいなんですよね、、、

SBI銀行口座自体を、Paypayの引き落とし先にすることはできるのですが、、、

PayPay | スマホ決済サービス | 住信SBIネット銀行

ポイントをできるだけつけるとなると、クレカをできるだけ経由させたいところではありますね

珍しいピンクのカードはSBIデビット(VISA)

還元率以外にそこまで極端に変わるものもなく、あとは見た目かなと思います
SBIデビットにはピンク色があって選べますw
かわいいカードがほしいという方にはおすすめかもしれません

www.netbk.co.jp

 

さらに紐付いてる銀行口座についても考えてみます

 

楽天銀行、実はATM手数料が高い

SBIなどと同じく全国のコンビニなどで手軽に入出金できる楽天銀行ですが、、、実は、手数料無料になるにはそれなりの金額を預ける必要があります

具体的には、10万以上残高があってはじめて手数料一回になります

楽天銀行ハッピープログラム参照
楽天ポイントが貯まって使えるハッピープログラム|楽天銀行

じゃあ手数料は一回あたりどれくらいとられるのかというと、220円・・・
これは、自分が利用している地方銀行のATMの倍です・・・

少額あずけて手軽に出し入れしたいという用途には実は向かないということがわかりました

 

SBIは、ATM手数料2回まで無料(ランクアップでもっと増える)

実はブログ主、楽天銀行よりSBIを先に解説してたので手数料無料の恩恵に慣れてしまい、楽天も同じようなものだと思っていたのが全然違いましたw

SBIにも残高や取引によるランクアップ制度がありますが、すくなくとも誰でも2回まではATM手数料無料にしてくれるんですよね

これはかなりでかいです

改めて意識して、SBIデビットに切り替えようか検討中です

 

楽天銀行にはもちろんメリットもたくさんあるのですが、手数料は結構盲点だったりするのでお気をつけください

楽天銀行とSBI銀行の使用感比較などはまた別の記事にしたいと思います