アラサー(30代)、はじめての1人暮らし。

30代にもなって初の一人暮らしをはじめたヘタレの経験談と、生活の記録です

やめたい習慣、身につけたい習慣がある方にオススメ!「スタンフォードの自分を変える教室」の個人的書評

スポンサーリンク

ブログ主はやる気を出したいときなどに自己啓発書みたいなのを読みますw
でも難しいビジネス系のは無理なので、読みやすくわかりやすいものがメインです
最近読んでとくに良かったのが「スタンフォードの自分を変える教室」です

 


これ、先日読んだDaiGoさんの「自分を操る超集中力」をうんと掘り下げて詳しくした感じで、集中力や習慣についてしっかり学びたい方にはとてもおすすめです

「自分を操る超集中力」の感想→DaiGo「自分を操る超集中力」読んでみた感想。なんだかやる気がでないときのモチベUPにいいかも? - アラサー(30代)、はじめての1人暮らし。

 


簡単に、自分がはっとした部分を書きます

だめだとわかっていることを、なぜやめられないのか?どうやってやめたらいいのか?

この本は人の脳、神経、神経物質などの仕組みから、「人は、だめだとわかっていることをなぜやめられないのか?やってしまうのか?」というのを丁寧に説明してくれます
で、この「やめたいのにやめられない」をどういうふうにやめさせるかということについても言及してくれています


たとえば禁煙したいのになかなか出来ない場合、いきなり煙草を断つのではなくて「吸ってもいい。ただし吸いたいと思ったときに一〇分待ってから吸う」などの方法が提案されてます
なんで一〇分待つのか?というと、人は「すぐ手に入る快楽」にとても弱くて、少しでも時間が経ってしまうと「快楽の値引き」が起こって魅力が減ってしまうのだそうです

 

いますぐ一万円もらえるのと、一ヶ月待って三万円もらえるのでは、後者のほうがよさそうに思えるかもしれませんが、脳はすぐ手に入る報酬に弱いのでなんだかんだと自分で理屈を出して一万円のほうに手を伸ばしてしまうのだそうです
これは結構衝撃的でした
身に覚えがありすぎました・・・

 

これを逆に利用して、「すぐに煙草吸いたい!」となったときも「一〇分待ってから」とやることで「煙草を吸うという報酬を値引き」するわけですね

自制心や自分をコントロールする力は鍛えられる
ウィルパワーというものと同じかなと思いますが、人が自分をコントロールしようとする力は筋肉と同じで、使えば疲労してなくなってしまうし、休めば回復するのだそうで
そして、鍛えることもできるのだそうです

「やめる」より「有意義なことをやる」で上書きをする

↑に書いたように、何かをやめるにしても、やめる力には限界があるのだそうです
じゃあどうしたらいいのかというと、有意義なことで上書きするのも効果的なんだとか
「朝ぎりぎりまで寝てしまうのをやめたい」のなら、「朝五時に起きてウォーキングする」というような、「何かをやること」で上書きしてしまえということでした
確かに、なにかをやめるというより「何かをする」ことのほうが強い力になりそうですね

「明日やればいいや」先延ばしでうまくいかないのは、未来の自分に期待しすぎているせい?

「明日やろうはバカヤロウ」なんてこともしばしば言われてますが、ダイエットにしろ勉強にしろ仕事にしろ、「明日からがんばろう・・・」と先延ばしにしてしまう人は多いのではないでしょうか
それでだいたいは失敗してしまう、ということが結構あると思います

この本でもそれはとりあげられていて、人は「明日の自分を他人事のように思ってしまう」ということがあるそうです

未来の自分は、いまの自分よりもっとよくできるスーパーマンのように思ってしまい、これぐらいのタスクはさっさと片付けてくれるだろうと思ってしまうそうです
未来の自分を、他人のように考えて期待してしまうとか

でも実際、明日の自分は今日の自分と同じ能力、今日の自分は昨日の自分と同じ能力で・・・そのことをきちんとわかっていないとだめだ、というように書いてありました

あくまで、今日の自分の延長上に明日の自分がいるってことなんですね

色々とハッとさせられる指摘でした

ここもすごくぐさっときた箇所で、ブログ主はまさにこの明日やればいーや人間だったのでハッとしました
「今日できなければ一生できない」ぐらいの心意気と、「明日の自分を少しでもラクにしてあげるために今日少しでもタスクを片付ける」というのでないと、明日の自分の負担が大きくなりすぎて結局できない・・・

 

ブログ主があげたのはこの本で特に自分が気に入った箇所とかですが、この他にもたくさんトピックスがあって密度の高い本です

「やるなと言われたことほどやってしまう」とか「いいことを一つすると悪いこともしやすくなってしまう」とか、ぎくりとする内容がいっぱいあります
心理学としてもなかなか面白い

付箋をはりながら読んでたら、付箋だらけで追いつかなくなってしまいましたw
少しでも興味を持たれた方は手にとってみてください