アラサー、はじめての1人暮らし。

アラサーにもなって初の一人暮らしをはじめたヘタレの経験談と、生活の記録です

一人暮らしの節約?寒さ対策に「あったか敷きパッド」「湯たんぽ」を投入!

スポンサーリンク

はじめて一人暮らし、だいぶ寒くなってきました・・・

noir lake constance ...

いよいよ冬が近づいてきますね。夏頃はじめた一人暮らしも、秋を迎え、やがて冬になろうとしています。

暑さをなんとか乗り切ったと思ったら今度は寒さ!

調べてみると、冬でもエアコンを使ったほうが他の暖房器具より安くすむみたいです・・・。

暖かさでいうと一番なのは灯油ストーブ系ですが、賃貸系だと禁止されてるところも多いです。私のところもそうです。

 

エアコンを使う前に、寒さ対策として・・・

夜でも気温は10℃あったりなかったりする日々が続いてますが、「敷きパッド」と「湯たんぽ」で乗り切ることができています。

パジャマはもちろん温かいものを着ています。パジャマのおすすめはジーユー のマシュマロフィールシリーズです!

 

足を温めるのがとにかく大事!

feet

女性はとくに手足が冷えやすいです。手はすぐに温めることができますが、足はなかなかお風呂に入るなどしないといけない・・・。

でも足が冷えていると眠れません・・・。布団に入ってもなかなかすぐに温まらない。

なので「湯たんぽ」で足を温めるのがすごく効果ありました。

寝る前に、布団の足のあたりに湯たんぽを置いておくと温かくなります。冷たい足を湯たんぽに触れさせてもいいです。

去年も実家でお世話になったものなのですが、今年も早速大活躍してもらってます。

大事なものなので、しっかりした湯たんぽを買いました。

他の寒さ対策グッズもいいのですが、まず湯たんぽを試してみてほしいです。。。

※湯たんぽは必ずカバー付きで使いましょう!

※金属製の湯たんぽを使うときの注意点!(ふたがあかなくなる!?)

容量の6-7割しかお湯を入れなかった場合・・・冷めたときにフタがあかなくなります。

温度が下がって圧力が変化してしまう?とかでフタが圧着されてしまうみたいです。

なので満タン近くまで入れるよう、ご注意ください。私はやらかしてしまって焦りました・・・。

フタが圧着されてしまったときは、フタの部分を熱湯にいれてしばらくしてから冷めないうちにもう一回フタをまわしてみてください。私はそれであきました。

 

 寝るときの寒さ対策としてあわせて使いたいのが、「敷きパッド」

ふわふわの敷きパッドを布団もしくはベッドに敷くと、だいぶ違います。湯たんぽと一緒に使うと効果大です。

私はいまのところ掛け布団一枚でも、この湯たんぽと敷きパッドのおかげでなんとかなっていますwでもさすがに布団をもう一枚追加したいと思っています。

 ・・・こんな感じで、いまのところエアコンなしでなんとかなっています。

冬が本格的に来たらさすがにエアコンを使おうと思いますが、できるだけエアコンなしで過ごせるようにしたいですね・・・。