読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー、はじめての1人暮らし。

アラサーにもなって初の一人暮らしをはじめたヘタレの経験談と、生活の記録です

大好きなものだけに囲まれて暮らす。ミニマリストよりシンプルライフを目指したい

スポンサーリンク


一人暮らしをはじめるにあたり、どうしても荷物を減らす必要が出まして整理しました。

記事→引っ越しに向けて服と本を断捨離。「いつか読む・着る」も捨てる! - アラサー、はじめての一人暮らし。

 

まだ読んでない本も思い切って減らすことにしてから、心のハードルはだいぶ下がりました。

 

ひとつ大きな抵抗をクリアするとぐっと楽になるんですね。
「ものを捨てる快感」というのはこういうことなのかなぁ・・・って思いました。
ただ、この快感を得たいがために捨てる必要のないものまで捨てないように気を付けないとと思ってます。

 

私は単純なので、ミニマリストなんてものも聞いていましたしネットでいろいろな記事なども読ませてもらいましたが・・・。
私にはミニマリストは無理だなって思いました。
ある人は大好きな本とかDVDとかを全部捨てちゃった結果、執着などが一切ない生活になれた・・・ってありました。
私はそれを見て、ちょっと怖いと感じてしまったんですよね・・・。

 

大好きなものを捨てて、その後に執着が一切無い生活を送るようになったっていうのは・・・。

「それ、楽しいのかな?」と。
なにかを欲しいと思わず、ときめくものもない生活・・・それって、楽しいのでしょうか。
ミニマリストが行き着く先は何なのだろうとつい考えてしまいました。
何のためにものを少なくするんだろう?

 

誤解のないように言っておきますと、ミニマリストという生き方を否定しているわけではありません。
スペースを多く使えるというのはとてもいいことだと思います。

 

自分がもしそうするとしたら・・・と考えたことを書いています。
私は、好きなものに囲まれて生活したいんですよね。ものが多すぎるのを反省しているわけですが。

 

「夫が仕事に行ってる間に、奥さんが夫の趣味のものを勝手に全部処分しちゃって、夫が抜け殻みたいになった」というような話を思い出したんです。
その後、旦那さんは「もう何もいらない」みたいになってしまった、という・・・。

 

ものが少ないのはいいことだと思います。

でも、「大好きだと思うもの」まで処分するのは危ないと思いました。
大好きだと思うものを処分するとハードルがぐっと下がるみたいなことを聞きましたが、それって「心の一部がしんでしまった」ということにならないでしょうか・・・。
人それぞれだとは思いますが・・・。
「ハードルを下げるために大好きなものを捨てよう」みたいなすすめ方だけはよくないと思うんです・・・。

 

heart bokeh

大好きなものだけに囲まれて暮らすために、他のものを捨てる。

 

大好きなもの・必要なものだけがあるシンプルライフ、私はそれぐらいでいいかなと思ってます。