読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー、はじめての1人暮らし。

アラサーにもなって初の一人暮らしをはじめたヘタレの経験談と、生活の記録です

自営業系やフリーランスは入居審査に通りにくい?入居審査の結果と、部屋探しはやはりアプリがいいかもという話

スポンサーリンク

内覧にいき、部屋を気に入って申し込んだはいいけれど・・・。

入居審査に不安を抱いているという話です。

これまでの話→はじめての内覧!ネットで探すのと実際に見に行くのではやはり違うというお話。 - アラサー、はじめての一人暮らし。

私はほそぼそと生きている自営業系です。生活のコストが低めですが、そうでないとやっていけないぐらいの収入だと思っていただければ・・・。

 

タイトル通りですが・・・ネットで調べてみると、自営業の人やフリーランスの人は賃貸の入居審査に通りにくいといった記事をたくさん見かけます。
収入を証明する書類以外に、銀行の口座の残高証明書とかクレジットカードの履歴を見られたりするとか・・・まぁ、不安になるような記事ばかりでw

 

公務員や会社員に比べたら圧倒的に不安定なわけなんで審査に通りにくくなるのは当たり前かなぁ・・・っと思っていたわけです。
家賃補助なんて羨ましいものもないですからね・・・。

 

実際どういう反応された?

仲介業者さんもこういう特殊系の職業の人はあんまり相手にしたことがないみたいで多少戸惑ってましたね。
とりあえず収入を証明する書類をそろえ、申込書も書いて提出。
収入を証明する書類ってのは給与明細か確定申告の控えでいいみたいです。
自営業系の方は確定申告やっていると思うので、その控えをコピーして提出したらいいと思います。

 

部屋探しの後の手順は?

内覧のあと気に入ったら、入居の申し込み書類を書く→入居審査→合格したら契約→入居・・・って流れになるみたいです。

ネットで下調べをしすぎた私は、この入居審査が通るかが一番不安でしたw
証明書類系をもっと揃えておいたほうがいいか・・・なんて思ったんです。
審査にはだいたい一週間ぐらいとネットで見たので待とう・・・なんて思ってましたら、三日後にいきなり結果が。

業者さん「あ、大家さんから許可出ましたので、あとは契約書ですね」
私「えっ!?」

す、すごーくさらっと流されました・・・。しかも三日もしないで結果出てはやっ!?
よ、よかったんですが、あまりにも早くあっさり通ったので拍子抜け・・・w

 

でも税金類や年金は毎年ちゃんとおさめてましたし、確定申告もちゃんと行ってたわけで・・・それに何より田舎だったので、こんなにあっさりといったのかもしれませんw
大家さんとしてはやっぱり、とにかく満員にしたいみたいですね。それも当たり前か・・・。

 

やっぱり田舎はゆるい?もしくはシーズンによる?

これが都心部とかで、人気の物件とかだとまた違うのかもしれませんね。
それと1-4月で大家さん側にアドバンテージがあるとなおさらなのかもしれません。(これは不動産屋さんの言葉で、実際に入居者希望者多数の月はやはり大家さん側が強いみたいです)
私は5月に探しましたし、田舎の物件だったので、、、

それといま思えば、アプリで大規模に探したのもよかったと思います。不動産屋さんにはじめて行ったとき、提示された物件が「ふつう~まぁまぁ」ぐらいのものでした。

予習してなければ、「こんなもんかな」とその場で納得してたかもしれません。でもアプリであれば不動産屋問わず「条件に合う物件」を純粋に探すことができるのでよかったと思います。

 

とにかく一番不安だった入居審査に無事通ったので一安心したのでした。